習慣にしたい肥満対策と体を引き締めるダイエット法

炭水化物抜きダイエットなどたくさんのダイエット法がありますが、一番大切なのは太ってからダイエット法を調べて、ご飯の量を減らす、ランニングを始めるのではなく、適正な体重を常に維持出来るようにしましょう。体重だけではなく体の引き締められていることも大事です。肥満対策の第一歩として、まずは自分の体重を毎日計る習慣をつけましょう。毎日計ることで、昨日は食べ過ぎたから今日は食事の量を減らそうなど、1日単位ではなく長期でのカロリー調整がしやすくなります。毎日記録を取ることもおすすめします。若い頃はどれだけ食べても太らなかったけど、年をとってから太りやすくなったという人もいると思います。年を取るごとに基礎代謝は落ちていきます。若い頃と同じ食習慣を続けていては体重は増えてしまいます。基礎代謝を上げるには、筋肉量を増やすことです。 脂肪を落とすのに適切なダイエット法はジョギングやウォーキングなどの有酸素運動がいいですが、基礎代謝は上がりにくいです。 ダイエットがしたい人は有酸素運動と筋力トレーニングの二つを行うことをおすすめします。もちろん肥満対策をしたいという人も二つを行うことは良いことです。 筋力トレーニングはたくさんありますが、一箇所だけ行うのではなく、たくさんの部位を鍛えましょう。 筋肉がつくことでお腹や足などを引き締め、また姿勢も良くなるので、スタイルが良くなります。 筋肉トレーニングの中でもおすすめのトレーニングがあります。それはスクワットです。なぜかというと太ももが一番筋肉量が多いためです。 女性が気になる足も引き締め効果抜群でおすすめです。ダイエットを行う人も、習慣的な肥満対策を行う人も有酸素運動と筋力トレーニングを組み合わせて、理想の体型を目指しましょう。